FC2ブログ
2020/09/13

君は優しすぎる

「やー 疲れた疲れた。」
と言いながら事務所内に入るのは70代の調理師。

事務所と更衣室が一体化している為 こちらは事務仕事をしながら世間話をする。
まだ暑さが続いている為か、調理師は大分疲れているようで しばらく事務所兼更衣室で座りこんでいた。
そっとしておこうと思い事務作業に集中する。

突然 ガタンッと音がするので振り向くと 調理師が目を開けたまま倒れている。
「○○さん!」と声掛けをするも反応しない。焦りもあったが 救急を呼ぼう。と思い

調理師を見つめたまま 事務所の外線を取り、落ち着いてゆっくりと119の番号を押した。

その時 調理師の意識が戻りこちらと目が合った。
「大丈夫ですか。救急をかけてます。」と言うと相手は「大丈夫、めまいがしただけ。救急はいらない。」と言った。
電話をかけるのをやめ 本当に大丈夫か。と聞いた。
受け答えもしっかりでき立ち上がる事が出来たので その日はそのまま帰って貰った。
倒れてから意識が戻るまで数秒の出来事だった。



上の人に報告をしておこう。と思った。、調理師は翌日も勤務だったが 休みになった。
調理師は「大丈夫」と言い張っていたらしいがほぼ強制で休みにしたらしい。

調理師がいない分 他の人の動きやシフトも変える事になった。
上の人から「明日出勤する、しないの事で喧嘩をしちゃったよ。」と言われた。

自分は余計な報告をしてしまったか。 と不安が体の中を巡り パートさんにどうすれば良かったのかを聞いてしまう。
すると「それで良かった」と答えてくれる。

本当にそれで良かったのだろうか。
もしかしたら調理師は少しめまいがしただけで本当に大丈夫だったのでは。
強制的に休ませた事で気力が衰えてしまわないか。自分はいらない存在なのか。と落ち込んではいないだろうか。
働いてお金を稼がなければいけないかもしれない、なのに休ませることで困窮させていないだろうか。
大丈夫だろうか。

ネットのどこかで見た
「君は優しすぎる。」という言葉がそのまま自分に突き刺さる様に感じた。

以上
スポンサーサイト




栄養士ランキング

コメント

非公開コメント